雨の日の自転車、最強ウェアとは

EXP

梅雨です。自転車乗りには特に困った季節です。

雨の日は自転車に乗らないと決めている人もいますが、Pillar Cafeの江口一啓さん(カフェチケットやライド企画などでお世話になっています)はすごい。雨を楽しんでいます。

江口さんはそもそも、ダイエットのために自転車に乗り始めました。イベントのプロデュースの仕事は不規則で、連日深夜の飲食。今よりも20kg太っていたといいます。そこで大活躍したのが自転車です。毎日ペダルを踏み続け、2年間で今の体型に戻りました。雨の日でもとにかく自転車で通勤。これがきいたようです。

メッセンジャーバッグの良さを解説してくれる江口さん

メッセンジャーバッグの良さを解説してくれる江口さん

 

そうしてノウハウがたまっていきました。自転車を楽しみながら身につけた知恵、すてきなのでご紹介したいと思います。写真は、江口さんがいつも持ち歩いているバッグの中身です。

<基本編>

◆汗対策の必需品
「ボディペーパーは必需品です。これないと生きていけません」

◆約束の30分前に到着。なぜなら…
「打ち合わせに出かけた際は、30分前に着くようにします。近くの公園などで着替えて、水道で服を洗うことも。速乾性のシャツなどは、打ち合わせして戻ると乾いちゃいます」

◆排気ガス対策
「首に巻く薄手のネックウォーマーみたいなグッズを使っています」

◆パンクの備え
「基本中の基本ですが、タイヤチューブやタイヤレバー、空気入れは持ち歩きますよ」

<雨の日編>

◆カバンは防水
「マンハッタンポーテージのメッセンジャーバッグを使っています。当然、防水ですね」

◆シューズカバーが活躍
「靴が濡れると不快です。シューズカバーを使っています。ダナーのブーツなんかもいいです」

◆道路状況は良い
「雨の日は自転車少なくて快適です(笑)」

◆ゴアテックスのウェアは季節限定
「5万円くらいのゴアテックス製防水ウェアを買いました。とてもいいんですが、使えるのは10〜2月ですね。あとは暑くて汗だく。結局濡れるのであんまり着る意味がありません(笑)。フードにつばが付いていると、雨が目に入らなくていいですよ」

◆最強のウェア
「ずばり水着、ボードショーツです。濡れても全然気になりません。おすすめですよ」

雨の日も楽しむ姿勢、見習いたいと思います。路面は滑るので、安全運転で。

—–

ちなみに7月11日(土)、ソウ・エクスペリエンスは江口さんのガイドでライドを企画しました。ご興味ある方は7月10日(金)15時までに下記サイトで予約を完了してください!

「ヴィンテージ蚤の市でお宝発掘ライド」(1500円/人、レンタルあります)
https://dewey.so/articles/54