能エクスペリエンス日記 #3 謡本

能エクスペリエンス日記

謡を習う時は、写真のような謡本と呼ばれるものを使います。
毛筆体の綴り字に最初は読みにくさを感じますが、読み方を習って、ギクシャクしながらも先生の後について謡っているうちに、もうこの書体以外では考えられなくなるくらい馴染んでくるから不思議です。
身体で覚える、ということですね。