退職祝いへのお返し10選。センスのいいプレゼントでお礼をしよう

退職・転職・転勤祝い

退職祝いへのお返しは、慣習だからと言って形式的にならないよう、センスのいいプレゼントでお礼の気持ちを伝えたいですよね。そこで本記事では、定番なものでもサプライズ感があったり、受け取った方の好みで選べたり、もらった瞬間に心が躍ったりなどするような、体験型のプレゼントをご紹介します。部署などグループへのお返しから、個人へのお返しまでを想定し、予算は3千円から1万円程度で厳選しました。ぜひ、退職祝いの半額から3分の1を目安に選んでください。

その1 仲間のコーヒータイムをテイスティーにする、新時代の豆

お返しギフトとして定番のコーヒーは、選択肢が多いだけに迷いがち。おすすめしたいのは、受け取った方が自分で選べる「COFFEE GIFT」です。こちらのギフトには、東京都内に店を構える人気ロースター(焙煎家)が豆の選定から焙煎までを手がける、こだわりのコーヒー豆が収録されています。たとえば、目黒にある「SWITCH COFFEE TOKYO」からは、ミルクチョコレートのような甘い飲み口と爽やかなオレンジフレーバーが印象的な、エルサルバドル産の豆がセレクトされています。プレスなどコーヒーマシンのある職場なら、新時代のコーヒー豆をプレゼントしてはどうでしょうか。もちろん、個人へのお返しにもピッタリですよ。

その2 贈った相手をワクワクさせる、全国版のカフェチケット

話題のスイーツや高級な菓子折りをお返しするのもいいですが、もっとワクワクさせるなら「カフェチケット全国版」をおすすめします。こちらのチケットには、大注目のパンケーキが自慢のカフェや、日本初の「フレンチトースト専門」のカフェなど約100店舗が収録されています。全国の主要都市にある人気のカフェと提携しているので、飲食店に詳しくない方でもプレゼントしやすいですよ。使い方が簡単なのも嬉しいポイントで、特に予約をしなくても、好きなカフェで支払いの際に3,000円+消費税分の清算に充てるだけです。2名まで利用可能なので、仲良しな女子社員へは人数分用意してもいいですし、出張が多い男性社員にも喜ばれますよ。

その3 会社を担う若手社員に、バーガーランチの陣中見舞い

ランチに外食を利用することが多い男性社員や、いつもペアでランチを楽しんでいる女性社員には、「バーガーチケット」をおすすめします。こちらのチケットがあれば、東京を中心にした人気のレストランで、食べごたえ満点なグルメバーガーを味わえますよ。たとえば都内ですと、新宿にある「J.S. BURGERS CAFE 新宿EAST店」で利用できます。こちらのレストランでは、お好みのトッピング一種がついたRサイズのハンバーガーと、ドリンクがのセットを提供しています。さらにビジネスマンに嬉しいのは、平日ランチタイム限定のサラダバーです。会社の主軸となって頑張っている方々に、ぜひ、ボリューム満点のランチをお返ししてください。

その4 現役世代を労わる、話題のリラクゼーション系ギフト

近頃、お祝い返しとして人気急上昇なのが、リラクゼーションの体験プレゼントです。「Relax Gift(BLUE)」なら、着替えや帰りのメイクアップが不要な「ドライヘッドスパコース」をはじめ、スキンケアを目的にしたフェイシャルや、疲れた身体をリセットするボディマッサージなど、専門のサロンで受けられる本格的なケアが満載。一例を紹介しますと、「Q’s for-rest 有楽町マルイ」では、快眠セラピスト監修の「眠り」にアプローチする空間で、極上のヘッドマッサージが受けられます。水もオイルも使わないケアなので、買い物の合間や仕事帰りなどに気軽に立ち寄れますよ。現役世代の方への、労わりが伝わるプレゼントです。

その5 身近なアイテム、たとえばフライパンをオーダーメイドで

普段使いの身近なアイテムを、自分好みにオーダーできる体験ギフトもおすすめです。「総合版カタログBLUE」には、様々なジャンルのオーダー体験や手作り体験が収録されています。たとえば、キッチンに必須なフライパンを、「町工場のオーダーメイド鉄フライパン」でプレゼントしてはどうでしょうか。こちらのフライパンオーダーは、サイズやカラーだけでなく、持ち手の素材まで自分好みにできます。また、持ち手の素材によっては、名入れができるのも魅力です。フライパンそのものも特殊で、サビにくさやこびりつきにくさがセールスポイントの、ハードテンパー加工が施されています。料理好きな男性や、手作り弁当を毎日欠かさない女性へのお返しプレゼントにいかがでしょうか。

その6 バイヤーに選定を任せて、季節の旬なワインを届けたい

気の利くお祝い返しには、相手の好きなものをプレゼントするケースがあります。たとえば、ワイン好きで知られる方にワインを贈る場合、「総合版カタログBLUE」がおすすめです。こちらのカタログには、ワインに詳しいバイヤーがセレクトした「デイリー・ワイン2本セット」が収録されています。ワイン好きにワインを贈りたくても、自分自身がワインを飲まない場合、銘柄を選ぶのは大変。そこで頼りになるのが、こちらのセットです。こちらのセットのワインは、注文の時期によってバイヤーがテーマを決め厳選します。もし、注文の時期が4〜6月なら、「軽快・爽やかなテイスト」のワインを選んで届けてくれます。ぜひ、ワイン愛好家をうならせる銘品を贈ってください。

その7 通勤時の「音」を良質にする、老舗メーカーのイヤフォン

ビジネスマンの通勤に役立つイヤフォンを、世界でひとつだけのスタイルにカスタマイズする体験ギフトもおすすめです。「総合版カタログBLUE」には、創業70年以上になる音響メーカー「KOTORI」製の、オーダーメイドイヤフォン「KOTORI 101 +」が収録されています。ポップでカラフルなパーツをWeb上で組み合わせて作る、自分だけのオリジナルイヤフォン。周囲の雑音を抜群に遮り、低域から高域までの良質サウンドで音声や音楽を届けます。ハイスペックな耳元の音環境によって、通勤時の音楽鑑賞や語学学習が充実すること間違いなしです。「音」を大切にしている方へのお返しに、ぜひ、老舗メーカーのレアなアイテムをプレゼントしてください。

その8 運動不足の社会人を、温室ヨガでやさしくトレーニング

運動不足なことを自覚していても、きっかけがないと習慣にできないと考える社会人は多いです。誰かの健康習慣に毎日付き合えなくても、1度だけ体験させてあげるギフトならありますよ。ご紹介したいのは、「総合版カタログBLUE」です。こちらのカタログには、ウォーキングやボルダリング、ピラテスなど社会人に人気のフィットネスが満載。中でも運動不足な人におすすめなのは、「温室ヨガ体験コース」です。普段、運動していない身体でいきなりハードなフィットネスをすると、筋肉を傷めかねません。また、「自分には無理」と、最初で最後の体験になる可能性もあります。ヨガなら、ストレッチ感覚で身体をほぐせますし、呼吸が上がることもなく心地よく体験できますよ。

その9 部署の部下へ、古民家でのスローライフを置き土産

部署など4~5名、あるいは10名程度のグループから退職祝いをしてもらったなら、皆さんで楽しんでもらえる日帰り旅行をプレゼントしてはどうでしょうか。東京からですと、「総合版カタログGREEN」に収録されている「古民家 日帰りコース」がおすすめです。こちらの日帰りコースでは、埼玉県所沢市の古民家で360分のスローライフが堪能できますよ。現地ではピザ窯や囲炉裏が借りられますし、季節感を満喫するためのバーベキューセットや流しそうめん器具、餅つき道具も選べます。カタログ1部につき、2〜5名の利用が可能なので、お返しをするグループの人数に合わせて用意してください。組織の活性化を楽しく図る、オフサイトミーティングにも活用できますよ。

その10 身に余る退職祝いには、贅沢なティータイムをお返し

上司や取引先の方などから、過分な退職祝いを頂いたのであれば、リッチなお祝い返しをしたいですよね。高価な品物を返すよりも、贅沢に過ごせる時間と空間をプレゼントしましょう。おすすめしたいのは、「アフタヌーンティーチケット」です。こちらのチケットは、東京や関西の一流ホテルで利用できるティーチケット。2名利用できるチケットなので、お相手がご夫婦やご家族で楽しめますよ。たとえば都内ですと、「ザ・リッツ・カールトン東京 」で利用できます。東京ミッドタウンの45階のラウンジで、東京の景色を一望しながら味わうハンドメイドのサンドウィッチやスイーツ。「ヘヴンリーティー」というセット名そのままに、天空でのラグジュアリーな午後が過ごせます。

退職祝いへのお返しプレゼントには、お礼のメッセージを込めたい

退職祝いへのお返しに贈りたいプレゼントは見つかりましたでしょうか。退職する人にお祝いを用意するのも、退職祝いへのお礼にお返しをするのも、日本古来の慣習です。きっと、人間同士のつながりを大切にしたり、人生の節目を迎える人に気遣ったりする、日本人特有の感性によって生まれた風習なのでしょう。だからこそ、ただ物品を返すだけのお礼ではなく、心からの気持ちを込めてプレゼントを選びたいですよね。本記事で紹介した体験プレゼントなら、相手にいろいろなメッセージを届けられますよ。「これからもお仕事頑張って」「仲良く楽しく過ごして」「たまには自分にご褒美を」など、ぜひ、プレゼントにメッセージを込めて退職祝いへのお返しをしてくださいね。